八重山素潜りツアー#6!

11月15日(土曜日)
(第6弾!)
                        ByMI@東畦店

7時過ぎ起床、今日は港の市場のせりを見に行くため出発。
港へ行くと8時半からとの事でしばらくドライブして再び港へ。
港でまず釣りを見る、イスズミの30cm弱が魚の切り身でつれていた。
そのうち、せりが始まる。
せりの対象はカジキ2匹、一匹を半分に切っている。
キロ550円から600円でせり終了。あっという間。

11-1501.JPG11-1503.JPG









仲買人用にその場で解体ショウが始まる。
隣ではせりにかからない高級魚の赤い魚が発泡スチロールに丁寧に入れられていた。
これは直接どこかへ送られるよう。

11-1502.JPG

帰って朝食、カスミアジの煮付け、チリソースと卵をご飯がけ、キムチ。美味しく頂き、銃のメインテナンス。

11-1504.JPG

紐の一本がけを2本がけに変更、長距離砲に改造。
スーパーでおやつとカルピスを買っていざ、潜りへ出発。
今回は浜からエントリー、20mくらい沖のリーフを越えて潜り開始。

入って直ぐに大型のロウニンアジを見るがアットいう間に逃げた。
潜っていると今度は大型のコショウダイ、岩に逃げ込んだのを見つけ、Iさんとその岩の周りを探すが見つからず。

磯的には良い磯だがあまり魚が居ない。
魚が群れているところを目指し潜って隠れていると、小型のコショウダイ、しっかり狙って発射、取り込めた。

その後場所を変え案内のトシさんと潜っているとトシさんが指差すを見ると流線型の魚影、「ガーラ!」それを目指して潜っていると左に十分50cmオーバーのロウニンアジが見えた。
近いロウニンアジを撃つが当たらず。

諦めて潜っているとまたトシさんが指差す。
その先を見ると今度はメーター級のバラクーダ(オニカマス)。
普段は突かない魚だが今回は突こうと近寄るが結局に逃げられた。
諦めその辺りを潜ると今度はメーター級のロウニンアジ、私に気づき逃げながらも何かを食べる余裕を見せた。
回遊魚で初めて見た巨魚、今回のツアーで出会いたかった魚に出会えた。いい思い出になった。
Iさんはコロダイの良い型を突いていた。

11-1505.JPG

帰って夕食の準備今夜は与那国最後の晩餐。

今夜のメニュー
     赤い高級魚の刺身
11-1508.JPG

     ミーバイ(ハタ)とマダラタルミの頭の味噌汁
11-1510.jpg

     コロダイや残った魚の煮付け
11-1506.JPG

     ヤシガニの湯で、ハンマー叩き
11-1507.JPG

11-1509.JPG

     夜光貝のピリ辛バター炒め

今夜は新しいお客さんが来て皆で楽しく頂きました。
いよいよ明日の夕方出発です。明日も最後の潜り楽しみます。
今から港へ猫にえさをやりに行きます。

 
CMSならドリーマASP